2018年 02月 26日 ( 1 )

 

ハシグチアレンジメンツ第三回植物造形作品展

あっという間に2月もあと数日・・・
まだまだ寒くて・・・春が待ち遠しくて待ち遠しくてたまりませんね。

そんな春への期待感をテーマにハシグチアレンジメンツの作品展が2月16~18日神奈川県秦野市鶴巻で開催されました。
植物造形展【春を迎える期待感!】
ドイツフロリストマイスターである橋口学先生の植物造形レッスンで理論、表現、テクニックを受講している方々と橋口先生の作品展。
そんな作品展に、私も出展させていただき、多くの刺激を受けました。



c0178009_19453624.jpg
会場は宮永岳彦記念美術館 市民ギャラリー
ギャラリーには出展者それぞれの春への期待感溢れる作品が並び、来場者の方々を楽しませてくれました。
橋口先生はその会場に春を運び込むように、春の花を束ね、ワクワクする期待感を表現されていました。

c0178009_19455499.jpg
ドイツフロリストマイスターの素敵な花束です。

c0178009_19435586.jpg




c0178009_19414223.jpg
参加された皆さんの作品も、力作ばかり。

c0178009_19460910.jpg
私は、梅枝の苔枝からズバイまでを素材に選び
その経年時間で、変化していく質感の違いに春への期待感を織り込みました。
厳しい寒さの大地から、解れていく春の目覚め・・・
大地も自然の一部である人も同じように心は緩やかに解れていきます。
その情景、心情を梅枝で表現しました。


c0178009_19462763.jpg
参加者の皆様との出会い、再会も嬉し。

会場では、月刊フローリストのカメラマン中島清一からのコメントもいただき、大感激。
長く花作品を撮影されてきた先生の視点からの言葉には説得力があります。緊張しましたが・・・
今回の作品展に参加させていただき、ワクワクするような?緊張感もあり、作品を作る喜びを感じました。

初日に、お疲れ様!・・・と、乾杯の会があり、コンテスト結果発表!
嬉しい賞(ハシグチアレンジメント賞1位)をいただきました。
橋口先生の息子ちゃん、葉くんが作ってくれた冠がなかなか素敵で大感激。

また、チャレンジしたいですね。



c0178009_19470339.jpg
帰りに丸の内三菱一号館美術館で
大好きなルドン展を鑑賞。
グラン・ブーケはやっぱり素敵でした。

c0178009_19464385.jpg

そんな、作品展も終わり、2月のレッスンも明日で終了・・・
さあ、3月。
慌ただしい3月のスタートです。


by hanasousou | 2018-02-26 18:52 | 作品展 | Comments(0)