2015年 09月 05日 ( 1 )

 

フィヨルドの旅

オスロを出発して列車で高原の駅ミルダールまで、4時間余りの車窓の旅。
c0178009_15272798.jpg

長い時間でしたが、1等車で快適。流れていく車窓の景色は飽きることはありません。
c0178009_1528263.jpg


c0178009_15284032.jpg


c0178009_1529329.jpg

ミルダールからは、登山列車フロム鉄道。
c0178009_15302132.jpg

この列車で出発です
この観光列車は、ノルウェーのミュルダール の山中の駅から出発して、ヨーロッパで最長、最大の深さを誇るフィヨルド、ソグネフィヨルド を通ってフロム へと向かいます。

勾配が急で幅の狭いフロム渓谷を走り、力強い滝や山々を眺める車窓の旅。
c0178009_15305735.jpg

その壮大な景色は言葉や写真では表現することができないほど・・・
c0178009_15373420.jpg


列車はゆっくりと走り、ショース滝 で5分間停車、迫力の景観に歓声があがっていました。


c0178009_15361922.jpg


c0178009_15391847.jpg

フロム渓谷の雄々しい景色は圧巻でした。
c0178009_15394969.jpg

車窓からの景色を、皆さんカメラに収め、旅の思い出に。
c0178009_15485067.jpg

どんな写真が撮れているのか?楽しみです。
c0178009_15492321.jpg


c0178009_15494635.jpg



1時間ほどでフロムに到着。
c0178009_16134190.jpg


これからはソグネフィヨルドクルーズへ・・・2時間の船旅の始まりです。
c0178009_1550332.jpg


c0178009_16543172.jpg

ノルウエーの西海岸一帯は複雑に入り組んだフィヨルド地帯。
フィヨルドとは、氷河に浸食された谷の下流部が海水に覆われたもの。
c0178009_1654918.jpg

高い山の断崖、山頂に残る氷河、深い谷、
氷河の雪解け水が滝となって流れ落ちる様は遠目でも迫力を感じます。
c0178009_15512788.jpg

船のデッキで風に吹かれながら、自然の壮大さに見惚れ・・・
c0178009_15521052.jpg

ゆっくりと時間が過ぎていきます。
c0178009_15523349.jpg


c0178009_1552493.jpg

谷間の村の生活も覗いてみたくなりますね。
c0178009_1553532.jpg


c0178009_15532059.jpg

曇り空から晴れ間が見えていた空、クルーズの終わりに突然の雷雨と暴風・・・
終わりでよかった~~~
c0178009_15533517.jpg


17時半にグドヴァンゲンに到着したころには、もうクタクタ・・・
でしたが、ここから専用バスで3時間・・・


20時半にやっと、ベルゲンに到着しました。
c0178009_1611767.jpg

それから、チェックインして夕食。 一日が長い・・・
Augustin Hotel Bergen
c0178009_16112825.jpg

さすがにこの日は疲れました・・・
ホテルでの夕食だったので、早めに体を休めることができました。
c0178009_1554382.jpg

by hanasousou | 2015-09-05 17:30 | ノルウエー旅日記 | Comments(0)