京都 徒然旅

気の向くままに・・・京都歩き。
京都市の天然記念物、西本願寺の樹齢約400年の大銀杏
c0178009_2122863.jpg

トロッコ列車にガタゴト揺られ・・・
c0178009_21112764.jpg

車窓の景色を堪能しながら
c0178009_2133095.jpg

四季のある国に生まれたこと・・・幸せなこと。
c0178009_214239.jpg

復路は嵐山で気ままに降りて・・・
竹林ロードをテクテク歩く。清々しい気をいただくような、そんな道。
c0178009_21542.jpg

天龍寺で花を楽しみながら歩きます。
c0178009_2136849.jpg


ミツバツツジが満開。
c0178009_216422.jpg

ドウダンツツジ
c0178009_2161715.jpg

山芍薬
c0178009_21343996.jpg

枝垂れ桜
c0178009_21352134.jpg

京都で一番遅く花の時期を迎える仁和寺の御室桜が見たくて・・・また、歩く。
c0178009_2152634.jpg

敷き詰められた花のじゅうたん・・・
やはり、今年は一週間ほど早く満開の時をむかえたようですが、
まだまだ、美しい御室桜の姿でした。
c0178009_2154494.jpg

その横で御衣黄(緑色の桜)が美しかった。
c0178009_21762.jpg

そして、目的の寺、禅寺妙心寺へ・・・たどり着きました。
c0178009_21291378.jpg

妙心寺法堂の雲龍(撮影禁止なのでパンフですが)
禅宗の法堂の天井は板が一面に貼られた平たい天井で鏡天井とも言われるそうです。
そこには丸龍が描かれこの法堂を守るという役目があるそうです。
円相内の八方にらみの龍・・・力強い守護龍です。これが見たかった・・・
c0178009_21375839.jpg

特別拝観の妙心寺 麟祥院(春日局の菩提寺)
その御霊屋には春日局の木像が安置され、方丈には、海北友雪の描いた方丈襖絵の雲龍図があり、雄、雌が揃った珍しい双龍図だと説明がありました。

歩いて歩いて・・・無になって、ただただ花を眺め・・・そんな京都の旅でした。

by hanasousou | 2013-04-15 21:53 | SCENE | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< まる・さんかく・しかく 新緑の季節 >>