梅一輪一輪ほどの暖かさ

梅の花が咲いていますよ・・・と、あちらこちらからの花便り。
馥郁たる梅の香りは春がそこまでやってきていることを感じさせてくれますね。
でも、なかなか春は寄り道しながら・・・立ち止まりながら・・・三寒四温を繰り返します。

先日、電車に乗って・・・大宰府へ
ボストン美術館展を見てきました。素晴らしい日本文化の美術展。
遠い国に海を越えて渡り・・・素晴らしい技術を得て里帰りしてきた作品の数々に圧倒されました。
時間を経て、今、その作品の前に立ち、その時代を思うことに・・・しばし感動。

そして、いつもの三枚を選びました・・・
c0178009_17314722.jpg

世界初公開の曽我蕭白【雲龍図】・緒方光琳【松島図屏風】・狩野永納【四季花鳥図屏風】

ボストン美術館展で観た山水水墨画は、墨一色での表現の中に、色が見えるような気がしたのですが・・・
不思議な目の錯覚を感じたのです。
そんなことを思いながら、飛び梅を・・・撮影。
c0178009_1752315.jpg

モノトーンの中に梅の花の色がみえますか?

梅の花はほころびかけていましたが、まだまだつぼみが多いようでした。
梅一輪一輪ほどの暖かさ…とはいかないような日々ですね。

まだまだ、梅一輪一輪・・・冬の句と感じました。
雨が続き、どんよりした気分ですが、明日は晴れとの予報・・・

最近、なんだか雨の日が苦手です。

by hanasousou | 2013-02-19 18:16 | SCENE | Comments(0)  

<< 青空 打ち合わせですが・・・ >>