カテゴリ:ノルウエー旅日記( 8 )

 

旅の終わり・・・

今回の旅。。。
ドイツフロリストマイスター橋口学先生とノルウエー在住フローリストの大木靖子さんのコラボツアーでした。
c0178009_0331018.jpg

福岡から10名、鹿児島、山口、そして関東地区の方々、21名の植物と自然が好きな
参加者でオスロからベルゲンへと旅をしました。
c0178009_0344650.jpg

帰国して、写真を整理しながら、自分の記憶のために・・・思い出しながらブログに綴りましたが、
ノルウエーは美しい、壮大で素敵な国でした。
たくさんの経験をさせていただきました。たくさんの出会いもありました。
c0178009_036156.jpg

余韻に浸りながら、仕事もスタート・・・
c0178009_23121847.jpg

また、次の旅を楽しみに頑張っていきましょう。

さて、10月31日、今回の旅のボスであった橋口学先生の講習を福岡で開催いたします。
今回のレッスンテーマは橋口先生が一番得意とする植物の造形【リース】です。
お楽しみに!どなたでも受講は可能です。
九州ではなかなか受講する機会のない橋口先生の講習会です。
どうぞ、ご参加ください。詳しい内容は後日お知らせいたします。

橋口先生の季節のリースのレッスン本が発売になります。
ハシグチアレンジメンツの橋口先生が、ドイツ在歴10年で得たフロリストテクニックと知識が満載です。

季節のフラワーリース基礎レッスン:
                    2015/10/6発売
c0178009_2338086.jpg


N.CREATIONでも30冊予約しています。

by hanasousou | 2015-09-11 23:50 | ノルウエー旅日記 | Comments(0)  

フロイエンの丘と自然散策

フロイエンの丘に登るケーブルカーの登り口のそばに、
先日レッスンを受けたクリスティン先生のお店がありました。
c0178009_0183098.jpg

洗練されたお洒落な素敵なお店です。
c0178009_0194242.jpg

奥の作業場も動きやすいようにきちんと整理されていますね。
c0178009_0195988.jpg

ワイヤーアートのアーティストの方の作品が目に留まりました。
c0178009_0202051.jpg

素敵な作品がたくさん
c0178009_0192110.jpg

クリスティン先生の植物への愛情をたっぷり感じるディスプレイ・・・
朽ちたもの、枯れたものに、再び美しさの表現を施し、その美しさに拍手を与えているようなアート作品もあり・・・うっとり眺めていました。
c0178009_17355113.jpg

ゆっくりと、店内を見学して・・・
c0178009_0421879.jpg

お買い物をする人も。
c0178009_0285844.jpg

お店の向かい側はケーブルカーの登り口。
c0178009_0402950.jpg

ケーブルカーで丘に上がるとベルゲンの街が一望できます。
c0178009_045198.jpg

美しい湾と街と空・・・綺麗ですね。
c0178009_043680.jpg


映画のワンシーンのような・・・素敵なカップル。
c0178009_0433835.jpg



ひと休憩して、ケーブルカーで下へ降りる人、歩いて山を散策する人も。

疲れていましたが、やっぱり歩きたい・・・自然の中を。
橋口先生の後を追いました。
c0178009_16463333.jpg


c0178009_054940.jpg


白樺の道を下りていきます。
c0178009_0522670.jpg


苔の匂い
c0178009_0525773.jpg

切り株に新しい世界
c0178009_18333016.jpg


足元の草花
c0178009_0533556.jpg

出会いは嬉しい・・・
時間に追われることなく、ゆっくりゆっくり・・・
c0178009_1844425.jpg


そんな、いい時間を過ごしました。

by hanasousou | 2015-09-10 22:56 | ノルウエー旅日記 | Comments(0)  

トロルハウゲン

ノルウエーが誇る作曲家 エドヴァンド・グリーグが過ごした家、博物館へ。
c0178009_21264544.jpg

大きな木が並び、樹木のトンネルを抜けました。
c0178009_21333174.jpg


海の見える小高い丘の上・・・♪ペールギュント、誰もが聞いたことのある曲ですね。
この丘にある作曲小屋で、この風景を眺めながら作曲したのでしょうか・・・
c0178009_21271917.jpg


グリーグ博物館
入場チケットを渡すと黄色の丸いシールをくれました!入館者の印です!
c0178009_2271386.jpg


グリーグが亡くなるまで(42歳~64歳まで)22年間過ごした家だそうです。
中にはグリーグが愛用したものや、夫人との思い出の品や・・・
c0178009_2134640.jpg

博物館の中にはピアノホールもあり、
このホールで30分のピアノコンサートを聞いて・・・
雨上がりの道を散歩しながら戻りました。
c0178009_2275625.jpg

遠くに馬が・・・のどか~~~
c0178009_2114473.jpg


出口にあった地上用変圧器カバーのような鉄のBOXにかわいいシールのデコレーション。
雨が降っていたので、水たまりにも映っていて、可愛かったのです!
このシール、入場チケットを渡すと、入館の印として胸に貼ってくださいと手渡された、シール。
帰り道、誰かが貼って・・・次の人が貼って・・・また次の人が貼ってと・・・
こんなに可愛くなったのでしょう・・・意図せぬアートの作品です。
私たちは黄色のシールでした!
c0178009_21142335.jpg

この写真、気に入ったので旅の思い出に、ポストカードにしようと思っています。

グリーグはノルウエーの誇りなのでしょう・・・
街中にも銅像がありました。
c0178009_224327.jpg


まだまだ旅は終わらず・・・余韻に浸りながら、思い出しながら、写真の整理をしながら、
もう少し綴りたいと思います。
バスのお供はかわいいトナカイ君。
c0178009_025527.jpg

写りこんだOさんが赤のレインパーカーだったから、かわいい写真になりました。

by hanasousou | 2015-09-09 10:07 | ノルウエー旅日記 | Comments(0)  

ベルゲン

ベルゲン、フィヨルド観光の玄関口で、中世にはハンザ都市として栄えた港町です。
c0178009_23101360.jpg

ベルゲンには坂が多く、カラフルな家々が立ち並ぶ風景はとてもかわいい。
c0178009_23114487.jpg


c0178009_10561725.jpg

石畳の道のデザインも・・・
c0178009_23141835.jpg

マンホールのデザインも、目を惹きます。
c0178009_23142856.jpg


ホテル近くのフィッシュマーケット
c0178009_23125932.jpg


c0178009_23131276.jpg

三角屋根の木造家屋が並ぶブリッゲン地区。世界遺産に登録されています。
ノルウェー王国ベルゲン旧市街の倉庫群。
赤レンガ色やクリーム色に塗られた木造家屋がフィヨルドが流れ込むヴォーゲン湾沿いに並んでいて、美しい風景です。
c0178009_2317316.jpg

建物と建物の間にある小さな通り道を入ってみると、まるで迷路のよう。
c0178009_23191167.jpg


c0178009_23182124.jpg


倉庫跡にはいろいろなショップが並んでいました。
c0178009_2357127.jpg


c0178009_23184154.jpg

いろいろなお土産品店、作家さんのアトリエショップ、かわいいお店ばかり。
c0178009_23175874.jpg


ハンザ博物館
何百年も前、ハンザ商人が住まい兼倉庫として使っていた建物でベルゲンでもっとも古い木造建築のひとつだそうです。
c0178009_2314519.jpg

ハンザ同盟時代の名残を残す建物の中は、当時の生活や仕事の様子が展示されていて
商談に使った部屋や座って寝ていたという使用人の部屋など、その時代、ここで生活していた様子を垣間見ることができました。
c0178009_23151196.jpg


c0178009_23153069.jpg


c0178009_2316082.jpg


c0178009_23162658.jpg


c0178009_23164569.jpg


c0178009_2317746.jpg

博物館をでると、ちょうどウエディングの撮影があっていて、ブーケが気になりパチリ!
少し年配?のカップルのようでしたが・・・
ノルウエーでは、結婚、離婚、再婚・・・再々婚と、何度でも!が普通にあるそうです。
c0178009_23501193.jpg


夜のブリッゲン地区を対岸から眺めました。美しい夜景・・・
c0178009_0134764.jpg


c0178009_01489.jpg

美しい街・・・ベルゲン。

by hanasousou | 2015-09-08 00:43 | ノルウエー旅日記 | Comments(0)  

北欧のナチュラルオブジェレッスン

クリスティン・ヴォーレラン先生のナチュラルオブジェレッスンを受講しました。
通訳は大木靖子さんです。
c0178009_2355034.jpg


1986年のヨーロッパチャンピオン、1989年ノルウエーチャンピオン・・・
と、多くの受賞歴があるノルウエーを代表するフローリストのレッスンは楽しみでした。
c0178009_23553091.jpg

黙々と、形を見据え、ワイヤーで止めていく。
c0178009_23555258.jpg

北欧らしい素材、白樺の小枝でつくる植物のオブジェ。
c0178009_23561875.jpg

明確なフォルムをつくりあげることが大きな課題でした。
c0178009_23564086.jpg

手にワイヤーが刺さったり、ハサミで切ったり、水膨れができたり・・・終了後の皆さんの手には
バンドエイドが何枚も貼られていました(笑)!

c0178009_2357799.jpg

私たちが製作している間にはデモ作品も作ってみせてくれました。
c0178009_024267.jpg


c0178009_043436.jpg


終了後は映像でもたくさんの作品を見せてくれて、作品の説明、植物の事、思いなどを語ってくれました・・・
c0178009_031674.jpg


c0178009_03597.jpg

クリスティン先生はとても笑顔の素敵な、植物に愛情いっぱいの方でした。
c0178009_027062.jpg


休憩中に用意されたデザート。。。レッスン後にも素敵なデザート。
美味しかった~~
c0178009_1637919.jpg

出来上がった作品はトランクに入れて持ち帰りましたが
仕上がってない方は、日本へ宿題として持ち帰ったようですね!仕上げなきゃね・・・
c0178009_0294047.jpg

by hanasousou | 2015-09-07 00:39 | ノルウエー旅日記 | Comments(0)  

フィヨルドの旅

オスロを出発して列車で高原の駅ミルダールまで、4時間余りの車窓の旅。
c0178009_15272798.jpg

長い時間でしたが、1等車で快適。流れていく車窓の景色は飽きることはありません。
c0178009_1528263.jpg


c0178009_15284032.jpg


c0178009_1529329.jpg

ミルダールからは、登山列車フロム鉄道。
c0178009_15302132.jpg

この列車で出発です
この観光列車は、ノルウェーのミュルダール の山中の駅から出発して、ヨーロッパで最長、最大の深さを誇るフィヨルド、ソグネフィヨルド を通ってフロム へと向かいます。

勾配が急で幅の狭いフロム渓谷を走り、力強い滝や山々を眺める車窓の旅。
c0178009_15305735.jpg

その壮大な景色は言葉や写真では表現することができないほど・・・
c0178009_15373420.jpg


列車はゆっくりと走り、ショース滝 で5分間停車、迫力の景観に歓声があがっていました。


c0178009_15361922.jpg


c0178009_15391847.jpg

フロム渓谷の雄々しい景色は圧巻でした。
c0178009_15394969.jpg

車窓からの景色を、皆さんカメラに収め、旅の思い出に。
c0178009_15485067.jpg

どんな写真が撮れているのか?楽しみです。
c0178009_15492321.jpg


c0178009_15494635.jpg



1時間ほどでフロムに到着。
c0178009_16134190.jpg


これからはソグネフィヨルドクルーズへ・・・2時間の船旅の始まりです。
c0178009_1550332.jpg


c0178009_16543172.jpg

ノルウエーの西海岸一帯は複雑に入り組んだフィヨルド地帯。
フィヨルドとは、氷河に浸食された谷の下流部が海水に覆われたもの。
c0178009_1654918.jpg

高い山の断崖、山頂に残る氷河、深い谷、
氷河の雪解け水が滝となって流れ落ちる様は遠目でも迫力を感じます。
c0178009_15512788.jpg

船のデッキで風に吹かれながら、自然の壮大さに見惚れ・・・
c0178009_15521052.jpg

ゆっくりと時間が過ぎていきます。
c0178009_15523349.jpg


c0178009_1552493.jpg

谷間の村の生活も覗いてみたくなりますね。
c0178009_1553532.jpg


c0178009_15532059.jpg

曇り空から晴れ間が見えていた空、クルーズの終わりに突然の雷雨と暴風・・・
終わりでよかった~~~
c0178009_15533517.jpg


17時半にグドヴァンゲンに到着したころには、もうクタクタ・・・
でしたが、ここから専用バスで3時間・・・


20時半にやっと、ベルゲンに到着しました。
c0178009_1611767.jpg

それから、チェックインして夕食。 一日が長い・・・
Augustin Hotel Bergen
c0178009_16112825.jpg

さすがにこの日は疲れました・・・
ホテルでの夕食だったので、早めに体を休めることができました。
c0178009_1554382.jpg

by hanasousou | 2015-09-05 17:30 | ノルウエー旅日記 | Comments(0)  

オスロ   

オスロ中央駅
c0178009_12421939.jpg

フログネル公園
c0178009_12425082.jpg

c0178009_12431042.jpg

ヴィーゲランの彫刻公園と言われ、園内には200点ほどの彫刻作品があります。
c0178009_12451637.jpg

美しい公園・・・
c0178009_12455827.jpg

人生の諸相をテーマに作られ、老若男女の人物の裸像がいろいろな形で表現されているようです。
c0178009_12454190.jpg

オスロ市庁舎は12月10日に毎年行われるノーベル平和賞の授賞式典の会場となります。
c0178009_1246338.jpg


c0178009_12481577.jpg

素晴らしいホールです。壁画も天井も・・・
c0178009_12465683.jpg


c0178009_12472057.jpg


c0178009_12474743.jpg

国立美術館、ノルウエー最大の所蔵作品を持つ美術館。
c0178009_12485038.jpg


c0178009_12503763.jpg

あの【ムンクの叫び】を所蔵する美術館です。
c0178009_1249898.jpg

たくさんの部屋の入り口は迷路のように抜けることができて、
自分が見たいと思う部屋へと、皆さん向かいます。
c0178009_12494421.jpg

私はピカソの部屋や印象派の作品を集めた部屋をゆっくりと鑑賞しました。
c0178009_1250453.jpg

市内を散策したあとは
電車で丘の上のオスロ市内を一望できるレストランへ向かいました。
c0178009_1384715.jpg

エーケベルグ公園内にあります。
c0178009_12521852.jpg

まだまだ、この地は夜の9時ぐらいまでは明るいので、一日の行動時間は長く・・・
食事前に
周辺の森の中を散策しました。
雨が降っていましたが、その雨も枝葉がすこし傘の役目をしてくれて、全く気にはなりません。
随分歩いて・・・歩いて。
c0178009_12535432.jpg

足元の草花も、見上げるほどの木々も・・・この場所に入るだけで森林セラピーを受けているよう。
c0178009_1256583.jpg

疲れていた頭も体もなぜかスッキリと・・・
c0178009_12562073.jpg

しゃがんでみて・・・
c0178009_12563541.jpg

感じるままに、植物に目を向けて・・・
c0178009_1256484.jpg

木々の生命力を感じ・・・
c0178009_1257857.jpg

葉の色の裏表・・・湿気のある地面の感触。
c0178009_12573541.jpg

いろいろな自然の造形を見ることができます。
c0178009_12575262.jpg

自然観察は日常の生活でもできますが、
この場所ならではの特別感に感動してしまいます。
c0178009_12581937.jpg


c0178009_12583677.jpg


c0178009_12585148.jpg


c0178009_12591662.jpg

ワンちゃんの散歩も、この国はリードなしで大丈夫。おりこうさん・・・
c0178009_12593935.jpg

突然、大きな人が現れ・・・颯爽と前を見据え歩いている姿にみんな仰天!
あまりにリアルな人間像?
ちょっと夕暮れには怖くて、耳をふさいで、目をふさいで・・・・
c0178009_1301571.jpg

そして、9時。
やっと薄暗く暮れてきた夕景を見ながら、丘の上のレストランでの食事が始まり、一日が終わりました。一杯のシャンパンが美味しかった。

by hanasousou | 2015-09-04 13:31 | ノルウエー旅日記 | Comments(0)  

ノルウエーの花屋さん OSLO

オスロの花屋さん巡り・・・北欧の花屋さん巡りはとても楽しみにしていました。
ホテルから公共の乗り物を乗り継いで5軒の花屋さん!
バスも電車もトラム(路面電車)も一日チケットでどこにでも、なんにでも乗れます。
改札なし~~~。
c0178009_17152634.jpg

まずは【storgatens blomsterhandel】

c0178009_17171724.jpg

大きな広い店内
c0178009_18133771.jpg

地下にある資材置き場はいくつもの部屋があり
c0178009_17173270.jpg

それぞれ、誰が見てもアイテムがわかるように整理されています。
c0178009_17191265.jpg

配達用の車もオスロの街中走っていると目立ちそう。
c0178009_1717635.jpg


2軒目は【Blomst af Hansen】
c0178009_171607.jpg

2010年ワールドカップチャンピオン、ステナーラ・ハンセンさんのショップです。
c0178009_17163279.jpg

花屋さんには、もちろん花も植木もありますが、
私たちは、ついついメカニックの部分に目がいきます・・・
c0178009_18142726.jpg

いろいろと、アイデアを学ぶ花屋巡り・・・
c0178009_18145923.jpg

ショップカードもディスプレイされてかわいい。
c0178009_1815397.jpg

素敵な花のディスプレイです。
c0178009_18164068.jpg

黒をメインカラーにシックで大人っぽいお店でした。
c0178009_18165948.jpg


3軒目は【Finn Schjoll】
c0178009_17521668.jpg

ノルウエー国内で最も有名なフローリストのお店。
フィン・ショルさんの花店のひとつ・・・
c0178009_17523726.jpg

華やかな店内
c0178009_17525267.jpg

さりげない演出も魅せるための花屋の心でしょうか・・・
c0178009_17531393.jpg


c0178009_17533463.jpg


c0178009_1754494.jpg

花は人に息吹を与え、心に語る・・・と、何度もお話してくれました!
今回の旅のコーディネーター、ノルウエー在住フローリスト大木靖子さんとオーナーのフィン・シェルさん。
青いメガネがお似合いですね!
c0178009_17542233.jpg

福岡エヌクリメンバーと記念撮影。お話好きな楽しい方でした!野に咲く草花が一番好きだと。
c0178009_17544022.jpg


4軒目は【SHISHI】
c0178009_17452915.jpg

憧れのお店SHISHI
花とインテリアのコラボ、キャンドルケースやスタンド、キャンドルも素敵でした。
c0178009_17463321.jpg

壁の布額も素敵。グリーンの葉柄がまわりのお花たちを生かしてくれるようです。
c0178009_17465125.jpg

いろいろなアイアンのスタンドやワイヤーアートなど、参考になるものばかり。
c0178009_17471943.jpg

オアシスは低くセットして花首短くしたアレンジが主流のようですね。
c0178009_1746843.jpg


5軒目は【Mina Milanda】

c0178009_17484786.jpg

これまでの花屋さんとは雰囲気が違って、基本カラーが白、グリーン、グレイッシュ。
オスロの高級住宅街のセレクトショップ。
c0178009_17491324.jpg

どこを見ても、素敵・・・ホッとする店内とアプローチです。
c0178009_17493747.jpg

好きです。
c0178009_17501052.jpg

壁材と花瓶の質感、シンプルな花・・・
c0178009_17503017.jpg

クオリティは高いです。
c0178009_17505072.jpg

トケイソウを絡ませたこのフェンスも・・・いいなあ。
c0178009_17513059.jpg

大木さんセレクトの花屋さん巡りは大満足な時間でした。
それぞれに、とっても個性的でどのお店も魅力的!

by hanasousou | 2015-09-03 00:47 | ノルウエー旅日記 | Comments(0)