カテゴリ:SCENE( 524 )

 

器とのご縁

待っていました。小石原焼 太田剛速さんの器。
3月ぐらいに、FBでこの器の画像にであいました。
飴釉薬の色とデザインに惚れてしまった・・・感じです。
すぐに注文・・・・
焼きあがるのを待っていたところに、三ヶ月前の豪雨災害。
小石原も大きな被害をうけました・・・
大変な状況の中ですが、復興を願い前向きに頑張っていらっしゃる方々の姿・・・
少しでも早く日常が戻りますようにと願いながら、太田さんが納得できる色が焼きあがるのを待っていました。

いい色の器が焼きあがったとの連絡に、とても嬉しく思いました。
箱出しすると、とっても素敵な色とデザインの器・・・素敵です。


c0178009_20243539.jpg
送っていただいた器たちを眺めていると、作者の力強い思いが伝わってきます。
この器を手に取り、料理を盛り、眺めながら、食事を楽しむ。
その度に思い出すでしょう・・・

苦しい状況から抜け出し、被害をうけた地域に光が射しますように・・・


c0178009_20242010.jpg
どの器も素敵です。
指描き飴すり鉢・・・追加したくなりました。・・・追加しました。
c0178009_20244966.jpg
器とのご縁をいただき感謝。

筑前小石原焼 まるた窯元Turnip太田剛速さんの器とのご縁に感謝。
奥様は花仲間、みほさん、ありがとう。


by hanasousou | 2017-10-10 20:58 | SCENE | Comments(0)  

富士山植物写真

富士山5合目から6合目付近の植物。


c0178009_15492976.jpg

c0178009_15404231.jpg


c0178009_15374615.jpg

イタドリ、オンタデやコケモモが群生していましたが、
他にも森林限界といわれる6合目付近までにはこの厳しい環境の中でも逞しく生きる植物たちに出会いました。

まずは、この山の女王のような大きなアザミ!富士アザミは日本のアザミの中で最も大きい花。
まさに、日本一の山に日本一のアザミです。

c0178009_15413185.jpg


c0178009_15425644.jpg
6合目は森林限界と言われ、岩混じりの荒地が広がります。溶岩道に砂利や小石だらけで植物が育つには
とても厳しい環境です。

c0178009_15483796.jpg
そんな環境の中でも、順応して逞しく生きる植物を見ていると感動します。


c0178009_15455442.jpg

c0178009_15462711.jpg




c0178009_15530958.jpg


c0178009_15522045.jpg

c0178009_15393887.jpg


c0178009_15384387.jpg
c0178009_15372595.jpg


c0178009_15333073.jpg


c0178009_15324045.jpg


c0178009_15502022.jpg
厳しい環境の中で、絶えていくものもあるのでしょう・・・
でも、また子孫を残していく強い生きる力を蓄えている植物もいます。

c0178009_15473432.jpg


自然に感謝。命に感謝。



by hanasousou | 2017-10-05 16:25 | SCENE | Comments(0)  

富士山

橋口学先生と行く秋の富士山散策に参加してきました。
秋の富士山五合目から六合目付近を歩いたのですが
歩くといっても、登山道を登っていくのですから、散策というより・・・山登りでした。
(橋口先生的にはこれくらいは散策の域なのだそうですが・・・)



c0178009_18260028.jpg
ガイドの杉本武満先生(千葉大学山岳会)のお話を聞きながら、自然観察。

カラマツの下にはコケモモがちいさなかわいい実をつけていて
少しいただきながら歩きました!(美味しかったです)
c0178009_18304922.jpg
とっても甘くて・・・かわいい。
c0178009_18282909.jpg


c0178009_18290029.jpg
コースは、先日、NHK「ブラタモリ」でも紹介されたという宝永火口縁周遊コースです。

c0178009_18334033.jpg
ここまでは、汗ばむような感じでしたが、
山の天候は変わりやすく・・・

c0178009_18344240.jpg


宝永山火口周辺へと歩を進めると
急に霧に覆われ、雲が青空を隠したかと思うと
c0178009_18495337.jpg
気温がぐんと下がります。
空気が冷たくて、手が痺れそう・・・
c0178009_18352046.jpg
霧の中、イタドリのパッチがまるまる。もこもこ。
イタドリは長年の繁殖を繰り返して絨毯を広げたようなパッチ(島状の群生地)へと成長していくそうです。
この地に生きる植物たちの姿は逞しくここに生きる!というような
力を感じました。


c0178009_18394122.jpg
宝永山第二火口縁は霧でしたが、、、

c0178009_18375760.jpg

一瞬雲が晴れ、素晴らしい風景にも出会い
c0178009_18371113.jpg
感動。

c0178009_18374095.jpg


c0178009_18360369.jpg

この雄大な山にいて、大きな力を感じながら、お昼休憩をして


c0178009_18362918.jpg
富士山自然休養林歩道を歩き五合目まで下ります。
素晴らしい森林の中を
歩きながら、自分の人生、人との出会い
そして今を生きていることに感謝。
ノルウエーを一緒に旅した方々との再会も嬉しく
新しい出会いにも感謝。

c0178009_18383956.jpg
偉大な自然に大きな畏敬の念を感じます。
遠くから眺めていた日本一の山を
ちょっとだけ知ることができました。

c0178009_18385988.jpg
秦野市ハシグチアレンジメンツの橋口学先生、ガイドをしてくださった杉本武満先生
ありがとうございました。
素晴らしい経験となりました。

c0178009_18485116.jpg
さあ次は福岡での糸島植物造形合宿です!(10月28日~29日)
橋口学先生を迎えての講習会。
詳細ご案内はこちら⇒ 
http://hanasousou.exblog.jp/27423148/
残席2名となりました。
どなたでも参加することができますよ。



by hanasousou | 2017-10-03 19:29 | SCENE | Comments(0)  

7月の旅の思い出。

しっかりと仕事をしたら、自分の時間を上手く使う。。。
スイッチを切り替え、自分のために。
ゆっくりと家で過ごす時間も、何か新しいことにチャレンジする時間も、ライヴを楽しむ時間も、旅をする時間も、大切。
そんな時間を楽しんだらいいじゃないか!と、思えるようになるまでに随分時間がかかりましたが、今を生きている自分にとってそう思い行動することが、一番の心の栄養でありパワーの源だと感じるようになりました。

7月・・・夫の七回忌を終え、ちょっとお休みして・・・北海道十勝から富良野、美瑛、旭川、大雪山へと旅してきました。


広い広い小麦畑・・・ずっとどこまでも続いています。
c0178009_23130265.jpg
花旅です。
c0178009_23134922.jpg
行きたかった場所を巡り・・・
c0178009_23124192.jpg
涼しい風に吹かれ、ドイツにいるような気分になったり・・・


c0178009_23132666.jpg

ノームが昼寝しているなんて、ノルウエーの森のようだと思ったり。
c0178009_23145618.jpg
咲き誇る草花たちは、みんな元気!


c0178009_23142391.jpg

フランス郊外の・・・
c0178009_23173221.jpg

ジベルニー村のような気もしたり・・・
c0178009_23163926.jpg
優しい草花が風に揺れて~~~~

c0178009_23161223.jpg
青いケシの花
始めて見たのは、チェルシーフラワーショー・・・・15年ぐらい前だったような。
雨の中、青が瑞々しく、今開こうとしていた。
c0178009_23154588.jpg



白樺並木、ここでエゾリスに出会いました。
山あいや川沿いでは何頭も鹿とも出会いました。

c0178009_23122595.jpg


大きな自然の中で、人もまた自然の一部だと再認識したり。



c0178009_23115933.jpg

花たちに癒され

c0178009_17390282.jpg


              花たちを思い、そこに生きる人たちと出会い、自分の心がクリアになった素敵な旅。

c0178009_17384648.jpg

そんな7月の花旅も終わり・・・いつの間にか葉月。
暑さで気力も体力も萎えてきそうですが、
仕事も、プライベートも充実して過ごしていたいですね。

暑いけれど・・・8月も忙しそうです。






by hanasousou | 2017-08-02 13:20 | SCENE | Comments(0)  

菩提樹

吉塚の恵光院の菩提樹の木
樹齢200年ぐらいだと言われています。
大きな幹が5本に分かれていて見事な樹形が広がっていました。
6月の花の頃には菩提樹の花の香りに誘われて、多くの方がこの樹に会いにこられるそうです。

c0178009_16470768.jpg

たまたま通りがかって、、、、眺めました。
花の季は終わっていましたが、見事な実がたくさんぶら下がっていました。


c0178009_16473917.jpg


c0178009_16465379.jpg
ちょっと変わった花付き、実付きの菩提樹。
クツべらのような”包葉”から一本の柄が出て、そこに5弁の花が集まった花序がぶら下がり、実となります。
その(包葉)は、風に乗って種を遠くに飛ばすヘリコプターの羽の役目もあるとか。

c0178009_16481624.jpg
来年は是非、花の季節に香りを楽しみに参拝したいものです!

c0178009_16472419.jpg
昔、ヨーロッパで菩提樹(リンデン)の木の並木を歩きましたが
ヨーロッパのドイツ菩提樹のリンデンバウム(Lindenbaum)はヨーロッパ原産で、シナノキ属の近縁種のセイヨウボダイジュだそうです。
一言にボダイジュと言っても、いろいろな種類があるのですね。

日本の寺院にある菩提樹はシナノキ科。
お釈迦様が悟りを開いたのは、クワ科インド菩提樹だそうです。





by hanasousou | 2017-06-28 17:50 | SCENE | Comments(0)  

お休みなので・・・

仕事もレッスンもない週末。
時間を気にせず、いろんなことを終わらせる・・・片付けなければいけないことをひとつ、ひとつ、終わらせて。
家のことも・・・
日々熟して黒くなる桑の実(マルベリー)の収穫もそろそろ終わりに近づきました。
c0178009_16470199.jpg

週末に収穫したものをへたを取って、煮込んで、毎年のお楽しみマリベリージャムをつくります。
c0178009_16472231.jpg

裏庭の整理をしたり。
c0178009_16475174.jpg

紫陽花と緑が爽やかな裏庭です・・・

c0178009_16473849.jpg

お昼からことこと煮込んで準備した、マルミタコ(スペインの漁師料理)をつくったので
中庭デッキで家族でワインパーティ!

c0178009_16481401.jpg

風が心地よくて・・・蒸し暑くもなく、気持ちのいい外での食事は美味しく楽しい。



c0178009_16484840.jpg
さあ、月曜日。
今週も頑張りましょう。





by hanasousou | 2017-06-12 17:17 | SCENE | Comments(0)  

南阿蘇の自然の中で・・・


昨日は葉祥明阿蘇高原絵本美術館へ。

何か自然からの大きな力に惹きつけられるような・・・そんな場所。
季節の移ろいをしっかりと感じることが出来る場所です。
c0178009_18484362.jpg
震災のストレスからか、今年花をつけなかったコブシの木。

枯れてしまったと、諦められていたところ・・・今月になり緑の葉っぱが目覚めたように!
負けないぞ!と、負けるなよ!とメッセージを伝えるかのようにみるみる緑の木になってきました。
(4月末に来たときは枯れ枝のようだったのに・・・・)

c0178009_18443351.jpg
この自然のなかでは、自分自身をさらけ出し、空っぽにして、新たなエネルギーを蓄えることが
できるような気がします。
そこには、自然の営みに逆らわず、あるがままに命を育む風と光がありました。すごいね自然って・・・

c0178009_18450021.jpg


震災後に出版された一冊の本との出会い【グレート マザー・ランド】今の自分自身を確認できる一冊です。

葉祥明さんの文章に葉山祥鼎さんの写真・・・その本に綴られた言葉や写真は大自然からのメッセージ。
写真家であり、エッセイスト、絵本作家でもある葉山祥鼎さんがこの美術館の館長さんなのです。
c0178009_18440698.jpg
昨日はこんな素敵な場所での食育ワークショップが開催されました。

N.クリエーションでお馴染みの永野懐さんの糠漬けワークショップ!
スタッフさんも含めて17人分の発酵ランチ・・・鰯の糠炊き、糠漬け、麹漬け、ひしお汁、旬の食材のおかず!
懐さんの手作り弁当を大きなイチョウの木の下で、参加者の皆様といただきました。
本当に楽しく美味しいランチタイム・・・笑顔が溢れていましたよ。

c0178009_18473755.jpg
講習会もいつもの流れで楽しく終わり
参加者の皆様も、改めて発酵食品に興味をもたれたようです。
(私、勝手にアシスタントとして連れて行ってもらいました)
c0178009_18472043.jpg

終了後・・・素晴らしい時間のプレゼント。
丘を散歩して、
懐さんの案内で秘密の場所へ・・・大きなパワーがある場所です。
葉山祥鼎さんの絵本のイメージや物語はきっとこのエネルギーのなかで溢れるように表現されていくのでしょうね。
もっともっと、奥へ奥へ入り込んで行きたい気分でした。

c0178009_18452042.jpg


そして、戻ってきたら、またまた素敵な時間。
館長さんとの楽しい楽しいおしゃべり、そして私達ふたりを観客に、独学のピアノ演奏。
独学だといっても、素晴らしい演奏で心に響く音でした。

Smil♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
Yesterday when I was young ♪♪
帰り来ぬ青春・・・シャーリー・バッシーの歌が聞こえてきそう・・・
贅沢な贅沢な時間に酔いました。

音楽って、人の心繋いでくれますね。そして、思いを共有できます。伝わりますからね・・・
    

c0178009_18464907.jpg
熊本、元気になあれ・・・自然は強い大きな力を持っています。偉大です・・・
悲しみも運んでくるけど、立ち向かう勇気もくれます。再び生きることも教えてくれます。

ひとりでも多くの方が訪れることで、この地が少しづつ復興に向けて元気になっていくのだと思いながら・・・

私は庭の花を摘んで花を束ね、祈りました・・・この場所に出会えたことに感謝して。

c0178009_18460124.jpg

素晴らしい一日。

美術館の入口に八重のどくだみの花が咲いていました。

c0178009_18481709.jpg
まるで、妖精のよう・・・・今日一日という日に感謝して。
出会いに感謝して。
ありがとう。






by hanasousou | 2017-06-05 19:57 | SCENE | Comments(0)  

スタジオのベランダの植物

仕事場の朝。まずは窓を開けて空気の入れ替え・・・

植物たちに水をあげて、一日の始まりです。
c0178009_18473290.jpg
日当たりのいい小さなベランダには緑だらけ。
c0178009_18485166.jpg
特に多肉植物たちは居心地がいいのか、葉挿しで次々に増えていきます。
大きくなりすぎたり、伸びすぎたりしたものは、カットして植えてあげたり、葉を寝かして新しい芽が育つのを楽しんだり。

c0178009_18480150.jpg

花が咲いている!かわいい!


c0178009_18483290.jpg
そんな朝の楽しみ。
お天気がいい日が続いて気持ちがいいです。



by hanasousou | 2017-05-18 18:59 | SCENE | Comments(0)  

ゴールデンウィーク終わり。


長いと思った連休でしたが、あっという間に9連休は終わり、日常が戻ります。
朝起きると、トケイソウが一輪・・・爽やかな初夏の始まりですね。これから毎日、次々に咲いてくれるでしょう・・・
c0178009_17235905.jpg
連休中は仕事はしないと決めていたので、毎日が休日。
南阿蘇へでかけ・・・大自然を満喫して。
5月3日は萩、大屋窯へ・・・今回は誘われて、トトと一緒にでかけました!
いろいろな繋がりの天才のようなひろんちゃんのお友達に乗せていただきました。緩やかな時間をご一緒できて嬉しい連休の一日。
c0178009_17250850.jpg
やんちゃなトトは嬉しくて嬉しくて、ワンワンワワ~~~ン。
c0178009_17281201.jpg
大屋窯のモクレンちゃんは、トトには興味示さず・・・おすまし。
c0178009_17283734.jpg
出張珈琲のカピン珈琲さんは大忙しで

カピン珈琲さんの愛犬Mシュナウザーのドリちゃんには会えなかったのが残念でした。

c0178009_17542466.jpg
c0178009_17292464.jpg
楽しい連休の一日でした。(写真撮ってなかったので、いただいた写真です!)


自宅でゆっくり過ごした日は裏庭の草花摘んで。
c0178009_17320334.jpg
大屋窯で買った濱中史郎さんのカップ(手の中の感触が優しいのです)に珈琲注いで、
この日届いたダイアナクラールのニューアルバムを聞きながら・・・ゆるり時間を過ごす贅沢。
c0178009_17301565.jpg
カレーパーティも楽しい時間でした。
年齢も職業も性別も居場所もそれぞれ個性的な大人?の休日もあり、



そんな連休最後の日は花束持って甥っ子の婚約祝いへ。
お祝いの席はいいですね~~笑顔が溢れる素敵な会でした。
c0178009_17322084.jpg
と、書き綴ると私としては例年になく楽しく過ごしたゴールデンウィーク。
そばにいてくださる方々に感謝。

さあ、今日から土曜日まで・・・忙しい・・・お休みなしです。レッスンも始まりました。
OFFからON!スイッチ切り替えて頑張りましょう。


by hanasousou | 2017-05-08 18:06 | SCENE | Comments(0)  

南阿蘇へ

GWが始まり、少し日常の慌ただしさを忘れゆっくりと時間を過ごしています。昨日は行きたかった場所へ・・・南阿蘇のふたつの美術館。美術館へ向かう前にまずはランチを・・・大きな窓から阿蘇の山々を遠くに眺め、美味しい優しいランチをいただきましたASOスローフード自然派レストラン【イロナキカゼ】という素敵なレストラン。
c0178009_12255399.jpg
【大地のコース料理】
旬の前菜
季節のスープ
赤牛のメイン
デザート

美しくて、優しくて、とっても美味しかったです。

c0178009_12261171.jpg


目的地はここから10分ぐらいのところ。
途中の道や山はまだまだ地震がどんなにこの地を壊したのか?
どんなに悲しませたのか?と、その時間を思うと
胸が痛くなりました。
そのままになった場所、崩れ落ちた山肌や陥没した道を越えて。力強く復興した風の丘大野勝彦美術館へ、エントランスの真新しい花壇のお花が頑張ります!と、言っているようでした。
c0178009_12262726.jpg
この場所で、心打たれる詩と言葉と温かい絵に触れて、涙が溢れそうになる・・・
c0178009_12271178.jpg
両腕を無くしたけれど、生きている!生きて、人に感動を与えている!
c0178009_12265329.jpg
大野勝彦先生の生き様をその繊細な義手の動きに重ねて・・・その命の輝きを見せていただいたような気がしました。大きな大きな勇気をいただきました。
c0178009_12264080.jpg
   そして、少し下ったところにあるもう一つの美術館。葉祥明阿蘇絵本美術館・・・原画が展示されている部屋のドアを開けると・・・まるで、絵本の中のSCENEが現れます。

c0178009_12272716.jpg
素晴しい景色、丘の小道の向こうにある一本のコブシの木。力強く根を張って、そこにいる。
c0178009_12280352.jpg
この風景を眺め、空を見上げ、風を感じ・・・
c0178009_12274527.jpg
一年前の悪夢のような出来事に心痛め絶望を感じたこの地に生きる人たちも大地に咲く草花の変わらぬ営みを感じることで癒されて。
c0178009_12281662.jpg
葉祥明さんの言葉.。。。==この日々を過去にでもなく、未来にでもなく「今」に生きることです。それをこの自然やひたむきに生きるちいさな’いのち’たちから学びなさい。==そうですね・・・自然から学ぶことばかりです。
c0178009_12282977.jpg




生きること、命のことを素晴らしい自然の風の中で考えた一日でした。そんな素敵な一日をプレゼントしてくれたNさん、ありがとう。とってもいい一日でした。

by hanasousou | 2017-05-01 22:15 | SCENE | Comments(0)