南阿蘇へ

GWが始まり、少し日常の慌ただしさを忘れゆっくりと時間を過ごしています。昨日は行きたかった場所へ・・・南阿蘇のふたつの美術館。美術館へ向かう前にまずはランチを・・・大きな窓から阿蘇の山々を遠くに眺め、美味しい優しいランチをいただきましたASOスローフード自然派レストラン【イロナキカゼ】という素敵なレストラン。
c0178009_12255399.jpg
【大地のコース料理】
旬の前菜
季節のスープ
赤牛のメイン
デザート

美しくて、優しくて、とっても美味しかったです。

c0178009_12261171.jpg


目的地はここから10分ぐらいのところ。
途中の道や山はまだまだ地震がどんなにこの地を壊したのか?
どんなに悲しませたのか?と、その時間を思うと
胸が痛くなりました。
そのままになった場所、崩れ落ちた山肌や陥没した道を越えて。力強く復興した風の丘大野勝彦美術館へ、エントランスの真新しい花壇のお花が頑張ります!と、言っているようでした。
c0178009_12262726.jpg
この場所で、心打たれる詩と言葉と温かい絵に触れて、涙が溢れそうになる・・・
c0178009_12271178.jpg
両腕を無くしたけれど、生きている!生きて、人に感動を与えている!
c0178009_12265329.jpg
大野勝彦先生の生き様をその繊細な義手の動きに重ねて・・・その命の輝きを見せていただいたような気がしました。大きな大きな勇気をいただきました。
c0178009_12264080.jpg
   そして、少し下ったところにあるもう一つの美術館。葉祥明阿蘇絵本美術館・・・原画が展示されている部屋のドアを開けると・・・まるで、絵本の中のSCENEが現れます。

c0178009_12272716.jpg
素晴しい景色、丘の小道の向こうにある一本のコブシの木。力強く根を張って、そこにいる。
c0178009_12280352.jpg
この風景を眺め、空を見上げ、風を感じ・・・
c0178009_12274527.jpg
一年前の悪夢のような出来事に心痛め絶望を感じたこの地に生きる人たちも大地に咲く草花の変わらぬ営みを感じることで癒されて。
c0178009_12281662.jpg
葉祥明さんの言葉.。。。==この日々を過去にでもなく、未来にでもなく「今」に生きることです。それをこの自然やひたむきに生きるちいさな’いのち’たちから学びなさい。==そうですね・・・自然から学ぶことばかりです。
c0178009_12282977.jpg




生きること、命のことを素晴らしい自然の風の中で考えた一日でした。そんな素敵な一日をプレゼントしてくれたNさん、ありがとう。とってもいい一日でした。

by hanasousou | 2017-05-01 22:15 | SCENE | Comments(0)  

<< ゴールデンウィーク終わり。 4月後半のブーケレッスン >>