ドイツ植物造形in福岡 講習会

橋口学先生をお迎えしての講習会です。福岡での講習も8回目となりました。
今回のテーマは【時代様式と花】
c0178009_18223255.jpg

ヨーロッパ中世の時代 ロマネスク・ゴシック・ルネサンスの建築様式、人々の暮らし、時代背景のお話を聞きながら、花のイメージを自分で考えていきます。
c0178009_183139.jpg

くじで当たった時代のイメージの言葉を書きだして、自分のコンセプトを決めます。
c0178009_18202295.jpg
c0178009_18203673.jpg
c0178009_18204939.jpg

シュトラウス制作の方向性です。
与えられた時代のテーマの花と昨日採取した植物を選んで・・・
c0178009_18122098.jpg

制作をしていきます・
c0178009_1822329.jpg

ロマネスク・・・貧しく厳しい時代で建築物・教会なども入口は小さく重い印象
花は素朴で質素なイメージの都忘れ、スカビオサが与えられました。
c0178009_1824546.jpg

ゴシック・・・教会建築も開放的で大きな入り口と高い尖塔、光が差し込むステンドグラスなどが特徴です。時代背景も少し明るさが見えてきました。
与えられた花は黄色のアイリスとグリーンのカーネーション
c0178009_1833245.jpg

ルネサンス・・・再生の時代。与えられた花材はラナンキュラスとヒヤシンス。
c0178009_18342346.jpg

作品の一部ですが、参加の皆さんの発表を聞いているとコンセプトがきちんと表現されていることを感じました。
今回もいい学びの場となりましたね。
橋口先生ありがとうございました。

by hanasousou | 2012-04-15 18:43 | LESSON | Comments(2)  

Commented by maple at 2012-04-15 23:42 x
難しいテーマですね・・・テーマに沿った高度なすばらしい作品
感嘆!!!  デス
Commented by hanasousou at 2012-04-16 08:51
皆さん真剣に取り組んでいただき、それぞれのテーマを表現していただきました。

<< 花の季 ドイツ植物造形in福岡 一日目 >>