FBSニューススタジオ11月装花

11月となり、慌ただしくなってきましたね。
FBSニューススタジオ装花はコスモスから紅葉へと変わりました。
c0178009_18304094.jpg

c0178009_18305568.jpg


c0178009_18310735.jpg



# by hanasousou | 2017-11-08 18:38 | WORK | Comments(0)  

植物造形合宿in糸島 Ⅱ


29日朝は雨が降ったり止んだりでしたが、作品を展示する頃には天気は回復へと向かい・・・陽が射してきました!
よかった~~~
午前中にはすべての作品が完成したのでそれぞれの作品を宿舎敷地内のあちらこちらに展示しました。

c0178009_14281426.jpg

雨の中、カッパ着て黙々と制作された葉っぱのグラデーション!
ふたりでの共同作品です。
材料と出会い、材料と向き合う。そして、生まれたアート作品。

c0178009_14553511.jpg

橋口先生は、作品に合った場所を適材適所に配置され、ちいさなランドアートを作っていかれます。
そして、緊張の時間、
お一人づつ作品製作にあたってのテーマ、想い、などをプレゼンしていただく時間です。

c0178009_14291917.jpg
橋口レッスンでは、通例ですが、必ず素晴らしい!と褒めてくれてからの突っ込みというか?掘り下げていくという質問があります。
で、何を表現したかったの?ということは?というような理由など・・・
この先生とのディスカッションはなかなか緊張の時なのです。
鋭い指摘がありますからね!(笑)

先生の期待に答えれる説明はなかなか難しく、頭の中の整理ができなくて・・・
言葉に詰まり、言われてみて、解ることも度々です。
だからこそ、何が大切なのか?が解るのです。

c0178009_14275669.jpg

その緊張感の中、皆さん、素晴らしいプレゼンをしてくださり、良く作品の意図が解りました。



今回のテーマは【自然と自分の共存・空間デザイン】ちいさなランドアートをつくろう!
糸島の自然に触れることで、自分と自然の関わりというテーマに取り組み、屋外に置く植物での作品を製作する。
参加者の皆さんの作品はどれも素晴らしかったです。
c0178009_14322630.jpg
19名の参加者の皆さんの作品は自然からのいただきものへの愛と畏敬を感じます。
c0178009_14283489.jpg




糸島の実ものだけで糸島という地の多様性を表したリース。
c0178009_14321195.jpg
木々の中どこに作品があるのか?わかりますか?
自然に溶け込んでいます。
森のシャンデリア
c0178009_14314638.jpg

芥屋大門で採取したススキの紅葉した色は糸島の海辺の色。
c0178009_11160980.jpg
そのススキで糸島と自分の関わりを表現した作品。


c0178009_14290426.jpg



ソテツのリース!ソテツの木の前、この場所以外にありません!
c0178009_14312395.jpg
葉っぱのダンス!風に揺れて・・・心地いい作品。
c0178009_14310584.jpg
力作ばかり・・・

c0178009_14295585.jpg
雨に濡れて枯れ草のリースもいい雰囲気を出しています。

c0178009_14293582.jpg
この作品も自然の中に一体化しています。
よーく見るとわかりますよ。
可愛いリースが下がっています!
c0178009_14285326.jpg
いろいろな作品。
自然なアートにはその植物の命を感じます。
私たちもまた自然の一部。
c0178009_15174143.jpg
与えられた大切な命の営みに感謝しながら
自然への畏敬を感じ
自然と自分との関わりを考える時間でした。

自分だったら何をつくろうか?と問いかけながらも、私は終わるまでは何にも考えれなかったです。
今、終わって・・・思い出す糸島は夕暮れの海。赤い幻想的な三日月。雨に濡れた森林の空気。
またゆっくりと出かけたい場所です。
c0178009_15183146.jpg
ご参加の皆様、ありがとうございました。

橋口先生、ご指導ありがとうございました。

糸島在住の吉田さん、企画時からいろいろな事でお世話になりました。
そして、お手伝いいただいた生徒さん。
ガイドの亀津さん、花仲間カヨさん・・・BBQありがとう!

たくさんの方々に感謝いたします。




# by hanasousou | 2017-10-31 16:01 | LESSON | Comments(0)  

植物造形合宿in糸島 Ⅰ

10月28日~29日 糸島での植物造形合宿を開催いたしました。
講師はドイツフロリストマイスター橋口学先生です。
台風の進路を気にしながらの準備でしたが、その準備の二日間は晴天で・・・
そんな気持ちのいいお天気のせいか?雨が降っても楽しい講習になるだろうと・・・確信していました。
c0178009_23243149.jpg
26日の夜から、27日の朝からと糸島入りしてくれたお手伝いの方々と海が見えるカフェ【TIME】で素敵なモーニング!
その後は買い出しと植物採取の下見・・・
散歩したり、食事の用意をしたり。学生時代の部活合宿のような懐かしい感じもあって、楽しい準備でした。

c0178009_23245137.jpg
夕陽が沈む時間を逃してしまいましたが、夕焼けの空を眺め、台風がこないことを!雨が降らないことを願っていましたが、
降水確率高く・・・夜には雨が降り出しました。

c0178009_23252491.jpg
28日10:00~
雨が降りましたが、元気に皆さんが到着してくれて、スタートです。
橋口先生から、講習のテーマやタイムスケジュールの説明を受けて
c0178009_23262815.jpg
その講習の導入部分としてガイドの亀津さんに糸島を感じる場所を案内していただきました。
雨は降ったり止んだり。
糸島の歴史や自然について学び体感し、自分と自然の関わりを実感するというとてもいい時間でした。
c0178009_23260823.jpg
海と山がある糸島にはいろいろな植物が生育しています。

c0178009_23274883.jpg
寺山地区から芥屋、そして桜井神社。
2時間半ほどの時間でしたが、この地の魅力を知ることで午後からの制作に影響するものがあるでしょう。
リラックスして植物と向き合い、自然からいただくものだけで作品をつくる・・・
そして、その作品を自然の中に置く。それがランドアートです。
c0178009_23270903.jpg
雨の中、それぞれに植物を採取して、自分の時間で作り上げます。
c0178009_23283290.jpg
採取した植物はいろいろ。


c0178009_23290323.jpg
製作が始まりました。橋口先生のアドバイスを受けながら、作り上げていきます。
雨の中、外で作業する人たちも・・・

c0178009_23293060.jpg
少しずつ、形が見えてきました。(食事後、夜遅くまで作業している人もいました)

c0178009_23305865.jpg
厨房では、夕食の準備。
アイデア料理や吉田さんからの差し入れフルーツ酵素のワイン炭酸!

c0178009_23303308.jpg
ガイドの亀津さんと花仲間のKさんのおかげで美味しい楽しいBBQパーティができました。
雨の中テント張って焼いてくれたお二人に感謝・・・

c0178009_23295363.jpg
そんな雨の夜。
明日、作品が仕上がって外に展示する予定です。
雨の音が気になって仕方ない橋口先生と私・・・眠れない夜でした。










# by hanasousou | 2017-10-31 00:23 | LESSON | Comments(0)  

神戸へ。

先週末は台風の風に押されながら・・・神戸へ。
甥っ子の結婚式でしたが、
せっかくなので、前日は神戸を楽しもうかと。
新神戸に着いて、まずは竹中大工道具館へ向かいました。
c0178009_20312508.jpg
ちょうど、千年の甍展が開催中で、瓦の歴史や職人技、職人言葉に頷くことばかり。
【道具は手の延長である・・・】大工というのは木を刻む専門家。道具は人間がものを作り出す器。自分の手先、爪の先と思え。
なるほど・・・
c0178009_17194816.jpg


c0178009_20325045.jpg



c0178009_20335389.jpg
c0178009_20331172.jpg

檜・赤松・栂・栗・欅・桜・・・と、
それぞれの木の性質(硬さや強度や木目)によってどう使われるのか?
どのような加工をされるのか?
説明が興味深かったです。


目で見て、触って、匂いを感じて
c0178009_20321121.jpg
人と同じ・・・木にもそれぞれの性格、性質、向き不向き、自然の中で生きている。

【適材適所】
山の中腹以上で強く育った木は構造物に、建物の柱や梁に使え。
谷ですくすくと育った木は造作材に、長押や連子、建具に使え。適した場所に用いれば木は長持ちする。

c0178009_17200559.jpg
時間が足りないほど、竹中大工道具館にいましたが・・・
雨の中、三宮へ。
ぶらりと歩いて、こだわりプランツショップを見つけました。
こだわりの店内、どの植物も生き生きと整理され珍しいものばかり。

  
c0178009_20360350.jpg
店内、ゆっくり見せていただきました。

c0178009_20351302.jpg
そして、お楽しみは、神戸ホンキートンク。
行きたかったお店にたどり着き・・・
ブルーグラスライヴを楽しみ、素敵な神戸の夜でした。
台風接近のせいか?お客さんは私達だけ・・・
贅沢ライブでした。
c0178009_16552762.jpg
そして、今回の神戸の大切なイベント。
甥っ子の結婚式でした。
素敵な心あたたまるwedding。
おめでとう!

c0178009_16554626.jpg
そんな週末。台風とすれ違いで帰福しました。

さて、明日から糸島へと。
橋口先生も福岡へ到着です。


# by hanasousou | 2017-10-25 17:46 | SCENE | Comments(0)  

10月はあっという間に・・・

公私ともにバタバタとしており、あっという間に10月も後半というか?残り少なくなり、橋口学先生の秋の糸島講習の準備に入っています。
10月のレッスンも終わり・・・
c0178009_20291112.jpg

先週は、糸島でガイドをしてくださる亀津淳司さんと糸島を五感で感じるコースを巡りながら
自然の中に身を置き自然への想いや関わりを再認識することで
大切なものや豊かさや優しさを感じることができるような気がしました。


この糸島という地に思いを馳せて
c0178009_20370623.jpg
海と風がつくる自然の成せる技のようなものを見て

c0178009_20305770.jpg
そのことを丁寧に教えてくださるガイドの亀津さんの話に聞き入りました。
28日は合宿のテーマを踏まえ、その導入部分としての時間を亀津さんの案内で歩きます。

c0178009_20303283.jpg
明日、橋口学先生来福です。
この導入部分から、私たちの自然への想いや自然との関わりを考えるレッスン!
ドイツフロリストマイスター橋口学先生の講習が始まります。
打ち合わせをしっかりとしながら、楽しく学べる植物造形合宿の準備をしていきます。

10月28日から29日、とても楽しみな時間が始まります。
参加者の皆様、糸島志摩町でお待ちしています。



# by hanasousou | 2017-10-24 21:10 | SCENE | Comments(0)  

器とのご縁

待っていました。小石原焼 太田剛速さんの器。
3月ぐらいに、FBでこの器の画像にであいました。
飴釉薬の色とデザインに惚れてしまった・・・感じです。
すぐに注文・・・・
焼きあがるのを待っていたところに、三ヶ月前の豪雨災害。
小石原も大きな被害をうけました・・・
大変な状況の中ですが、復興を願い前向きに頑張っていらっしゃる方々の姿・・・
少しでも早く日常が戻りますようにと願いながら、太田さんが納得できる色が焼きあがるのを待っていました。

いい色の器が焼きあがったとの連絡に、とても嬉しく思いました。
箱出しすると、とっても素敵な色とデザインの器・・・素敵です。


c0178009_20243539.jpg
送っていただいた器たちを眺めていると、作者の力強い思いが伝わってきます。
この器を手に取り、料理を盛り、眺めながら、食事を楽しむ。
その度に思い出すでしょう・・・

苦しい状況から抜け出し、被害をうけた地域に光が射しますように・・・


c0178009_20242010.jpg
どの器も素敵です。
指描き飴すり鉢・・・追加したくなりました。・・・追加しました。
c0178009_20244966.jpg
器とのご縁をいただき感謝。

筑前小石原焼 まるた窯元Turnip太田剛速さんの器とのご縁に感謝。
奥様は花仲間、みほさん、ありがとう。


# by hanasousou | 2017-10-10 20:58 | SCENE | Comments(0)  

FBSニューススタジオ10月装花

10月になり、秋桜の季節となり、
FBSニューススタジオの装花も秋桜に変わりました。
秋ですね。


c0178009_18045102.jpg

飾る場所は決まっていますので、季節に合わせてデザインしています。

c0178009_18051571.jpg

時間帯によって、このスタジオからのニュース番組も
カメラの位置やアナウンサーの立ち位置で角度が変わります。


c0178009_18053077.jpg
いろいろな角度からチェックして
搬入も終了です。


c0178009_18054388.jpg




# by hanasousou | 2017-10-06 18:18 | WORK | Comments(0)  

富士山植物写真

富士山5合目から6合目付近の植物。


c0178009_15492976.jpg

c0178009_15404231.jpg


c0178009_15374615.jpg

イタドリ、オンタデやコケモモが群生していましたが、
他にも森林限界といわれる6合目付近までにはこの厳しい環境の中でも逞しく生きる植物たちに出会いました。

まずは、この山の女王のような大きなアザミ!富士アザミは日本のアザミの中で最も大きい花。
まさに、日本一の山に日本一のアザミです。

c0178009_15413185.jpg


c0178009_15425644.jpg
6合目は森林限界と言われ、岩混じりの荒地が広がります。溶岩道に砂利や小石だらけで植物が育つには
とても厳しい環境です。

c0178009_15483796.jpg
そんな環境の中でも、順応して逞しく生きる植物を見ていると感動します。


c0178009_15455442.jpg

c0178009_15462711.jpg




c0178009_15530958.jpg


c0178009_15522045.jpg

c0178009_15393887.jpg


c0178009_15384387.jpg
c0178009_15372595.jpg


c0178009_15333073.jpg


c0178009_15324045.jpg


c0178009_15502022.jpg
厳しい環境の中で、絶えていくものもあるのでしょう・・・
でも、また子孫を残していく強い生きる力を蓄えている植物もいます。

c0178009_15473432.jpg


自然に感謝。命に感謝。



# by hanasousou | 2017-10-05 16:25 | SCENE | Comments(0)  

富士山

橋口学先生と行く秋の富士山散策に参加してきました。
秋の富士山五合目から六合目付近を歩いたのですが
歩くといっても、登山道を登っていくのですから、散策というより・・・山登りでした。
(橋口先生的にはこれくらいは散策の域なのだそうですが・・・)



c0178009_18260028.jpg
ガイドの杉本武満先生(千葉大学山岳会)のお話を聞きながら、自然観察。

カラマツの下にはコケモモがちいさなかわいい実をつけていて
少しいただきながら歩きました!(美味しかったです)
c0178009_18304922.jpg
とっても甘くて・・・かわいい。
c0178009_18282909.jpg


c0178009_18290029.jpg
コースは、先日、NHK「ブラタモリ」でも紹介されたという宝永火口縁周遊コースです。

c0178009_18334033.jpg
ここまでは、汗ばむような感じでしたが、
山の天候は変わりやすく・・・

c0178009_18344240.jpg


宝永山火口周辺へと歩を進めると
急に霧に覆われ、雲が青空を隠したかと思うと
c0178009_18495337.jpg
気温がぐんと下がります。
空気が冷たくて、手が痺れそう・・・
c0178009_18352046.jpg
霧の中、イタドリのパッチがまるまる。もこもこ。
イタドリは長年の繁殖を繰り返して絨毯を広げたようなパッチ(島状の群生地)へと成長していくそうです。
この地に生きる植物たちの姿は逞しくここに生きる!というような
力を感じました。


c0178009_18394122.jpg
宝永山第二火口縁は霧でしたが、、、

c0178009_18375760.jpg

一瞬雲が晴れ、素晴らしい風景にも出会い
c0178009_18371113.jpg
感動。

c0178009_18374095.jpg


c0178009_18360369.jpg

この雄大な山にいて、大きな力を感じながら、お昼休憩をして


c0178009_18362918.jpg
富士山自然休養林歩道を歩き五合目まで下ります。
素晴らしい森林の中を
歩きながら、自分の人生、人との出会い
そして今を生きていることに感謝。
ノルウエーを一緒に旅した方々との再会も嬉しく
新しい出会いにも感謝。

c0178009_18383956.jpg
偉大な自然に大きな畏敬の念を感じます。
遠くから眺めていた日本一の山を
ちょっとだけ知ることができました。

c0178009_18385988.jpg
秦野市ハシグチアレンジメンツの橋口学先生、ガイドをしてくださった杉本武満先生
ありがとうございました。
素晴らしい経験となりました。

c0178009_18485116.jpg
さあ次は福岡での糸島植物造形合宿です!(10月28日~29日)
橋口学先生を迎えての講習会。
詳細ご案内はこちら⇒ 
http://hanasousou.exblog.jp/27423148/
残席2名となりました。
どなたでも参加することができますよ。



# by hanasousou | 2017-10-03 19:29 | SCENE | Comments(0)  

Autumun Lesson 9月後半

台風一過のあとは、青空。夏の暑さが戻ってきたようです。
9月後半の秋のレッスンもいろいろな植物のデザインを提案しています。

ハンギングココプランターにヒバやベアグラスを巻いて苔玉のように・・・
(ココナッツの殻をプランターのように加工したハンギング使用)

c0178009_21442857.jpg



その日の仕入れで花の種類は変わりますが、ハンギングなので垂れ下がるラインを入れます。
今日は、オペラリーフが流れます。

c0178009_21434302.jpg



野ばらの赤い実がポイント!


c0178009_21450357.jpg

コロキアベースの花束


c0178009_21464848.jpg
ワイヤープランツと紅葉雪柳

c0178009_21455084.jpg


c0178009_21461795.jpg
ツルウメモドキ
c0178009_21471711.jpg
秋の花材で秋色デザイン
少しずつ深く、秋らしくなっていきます・・・

c0178009_21452483.jpg


# by hanasousou | 2017-09-20 22:05 | LESSON | Comments(0)